えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

秘密大公開 -その3-


なぜ最新のITシステム「えんじょるの」は、昔からある「電話注文による宅配」というアナログな仕組みにしているのか?

 

全4回シリーズでこの秘密を暴露しちゃいます!今回はその3回目。

 

 前回までは「宅配」に込められた秘密について話をして来ましたが、今回からは「電話注文」にスポットを当てて話しましょう。では早速、

 

この情報化時代に何故電話注文なのか?

答えは、ズバリ!

高齢者は電話しか使えない人が多いから

 f:id:enjorno:20190429073118j:plain

これは皆さんイメージ湧きますよね。

でも本当は、パソコンやスマホを「使えない」のでは無くて、使う必要性を感じないから「覚える気が無い」のです。

高齢者は今まで生きてきた人生の延長線上で暮らしています。その環境が心地良いのです。

ですから買い物のに困ったときにインターネットを使って問題解決しようとは思いません。自分たちの人生の中でやってきたやり方で、買い物の問題を解決しようと考えます。

例えば娘に電話で買い物を頼んだり、近所の人にお願いをしたり、それができなければ我慢しようと考えるのです。皆さんとても我慢強いので、我慢する事がさほどストレスにもなっていませんし。

でもそれが良いのです。それで不満はないのです。

 

だから、高齢者の買い物難民問題を解決しようと思ったら、その手段として、メールやタブレットなどの最新の機器を提案しても無駄です。やはり使い慣れた「電話」なのです。

 

だからえんじょるのは、電話注文なのです。

ネットスーパーで、買い物難民問題が解決できない理由は、これなんですね。

「高齢者はネットスーパー を使う気がない!」

ズバリこれに尽きます!

 

さあ、次のブログでは「えんじょるの」の電話注文に隠された最大の秘密を公開しちゃいますよ。

 

(えんじょるのの秘密その4へ)