えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

高齢者への説明

またまた、去年10月に行った運用試験の時のこと。

 

私は実験に参加してくれる高齢者一人ひとりに、お手製の説明チラシを持って「えんじょるの」の仕組みと使い方の説明をして回りました。

 

「えんじょるの」は、電話で着信を入れるだけで、自動でマッチングをする仕組みなので、電話が繋がったら一旦電話を切って待たねばなりません。

 

でも、これがなかなか高齢者には理解していただけないのです。

 

まずほぼ全員が、電話が繋がったら、話し始めます…

 

高齢者 「もしもし?・・・もしもーし?・・・アレ?」なんて言って(^^)

f:id:enjorno:20190503215209j:image

そりゃそうですよね。電話は話す為の物であって、話さないで切るなんていう使い方はしませんからね。

一応自動音声で「電話を切ってお待ち下さい」と説明もするのですが、皆さん見事に全員、

 

聞いちゃいません!

 

ここまで皆さんの反応が同じだと、一瞬コントかと思うくらい(^^)

思わず微笑んでしまうのでした〜。