えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

緑の中の真赤な○○!

私が働いている場所は、日本でも有名な別荘地が点在する地域。

当然お客様の中にも、夏だけ別荘に滞在しながら、介護サービスを受ける方も大勢いるんですよ。

 

今日は この夏、別荘に来たばかりのお客様の家に、サービスの打ち合わせに来ました!

 

道中、小鳥がさえずる木立ちの中をゆっくりと車を走らせていると、まるで北欧の国にいる様な感覚になります。

 

いいですよ〜(^^)

最高の時間です!

 

 

 

 

さて、無事に打ち合わせも終わり、私はホッとしながら気持ちよく別荘地の中を車で走っていた時の事です。

f:id:enjorno:20190720151727j:image

 

 

 

 

ふと右手を見ると、緑の景色の中に何やら赤い物を発見!

「あれっ?何だろ」

 

f:id:enjorno:20190720152304j:image

 

ジーッ・・・(目を凝らして眺めてる)

 

 

「巨大なハム?いや、そんなバカな・・・、何だか少し動いてるぞ・・・生き物?」

 

どうやら、別荘の庭の一角にいる様です。

 

 

 

恐る恐る、そーっと近づいてみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナント!

 

 

 

 

 

 

f:id:enjorno:20190720152424j:image

f:id:enjorno:20190720203409j:image

番犬(虎?)でした!ビニールの・・・

 

 

な、なぜ・・・?

怪しすぎる・・・

 

でも、これはこれで、泥棒も近づきたくなくなるなぁ・・・

究極のセキュリティかも!

 

そんな風に、なぜか感動を覚えてしまったのでした。

本日はそんなオチです。