えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

県外からの視察

今日、お隣新潟県上越市から11名の方々が、えんじょるのの視察に来られました。

f:id:enjorno:20190806183915j:image

皆さん、地域の困りごとを解決するために本当に真剣に考えておられる方々です。

 

地元の社会福祉協議会の会議室をお借りして、約 1時間半説明会をさせていただきました。

 

まずは私の渾身のプレゼン 20分間! (長いっ!)

f:id:enjorno:20190809055921j:image
f:id:enjorno:20190809055917j:image

皆様、真剣に聞いて下さってありがとうございます😊

 

その後、特別ゲスト登場!実際に何度か買い物に行って下さった美女Iさんにお越し頂き質問タイムです。

 

「相手の高齢者はお一人暮らしですか?」

「頼まれた商品を間違えませんでしたか?」

「買い物依頼のメールが届くのは、ストレスではありませんか?」

「どうしてお礼は五百円なのですか?」

「その五百円は、申告が必要ですか?」

「開発にはいくらかかったのですか?」

等々、たくさんの質問をいただきました。(なぜかIさんには優しい質問、私には急所を突く様な質問が多かった様な・・・)

 

そして最後は、えんじょるのプログラマーのイケメンIさんが登場〜!

 

皆さんに自分のスマホを出してもらい、その場で援助者登録、その後スマホに買い物リクエストのメールが届き、買い物援助者として立候補するまでの流れを体験していただきました!

 

皆さん、本日はご納得頂けたでしょうか?

えんじょるのは「お金をかけず全て手作り」をモットーに、一流アイティー企業には無い「人間味」と「高齢者福祉の現場力」で勝負しています!

 

ブログをご覧の皆様、関心があればご連絡ください。どこでも説明に行きますよ〜(^^)

 

そして上越市の皆様、本日は遠路はるばるありがとうございました!