買い物弱者救済webシステム「えんじょるの」を広めて、世の中を少しだけ幸せにするブログ

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

頑張る理由

今日は「えんじょるの」の一番の理解者である方と、ゆっくり話をすることができました。

 

人と話をすると、自分の中の想いが言語化されて整理できますね。カウンセリング効果ってやつです。

 

今日は、

「なぜ私がこんなにえんじょるのの事を頑張るのか」

と言う、最も根本的な事が自分の中で整理できました。

 

私が頑張る理由、それは、

 

心の深いところで、「誰かの為に生きたい」と思っているからだと思います。

 

「男は人の為に生きる、女は自分の為に生きる。」

今日その方が教えてくれた言葉です。

この言葉は男女の違いを見事に表現していると思います。

 

男は誰かの為に命をかけて戦う事に、生きがいを感じる様に作られています。太古の時代から、外敵から妻と子供を守る事が第一義の使命として、男のDNAには刷り込まれているのからではないでしょうか。

 

誰かの為に闘う

誰かの為に頑張る

 

そんな誰かが、今の僕にとっては「買い物弱者」の皆様だったのかもしれません。

 

今日はそんな私の心の深い所に気付かせて頂きました。

 

 

それにしても、「誰かを守る事に生きがいを感じる」

ある意味これは、裏を返せば、男の弱さに繋がる気がします。

 

それに比べて女性は、本能的に自分の為に生きられるから…強い。

 

デイサービスに来ているお爺さんとお婆さんを見比べながら、ミョーに納得する今日この頃でした。

 

今日は、私の好きな我武者羅応援団と赤井秀和さんの動画をご紹介。泣けました〜。

https://youtu.be/Knil41Qgdew