えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

神は誰も見捨てず、誰も取りこぼさず

《もしもあなたが、人生の中でたった一人の人さえ慰めることができたら、あなたの人生は価値あるものになる》

 

私の大好きな言葉です。これは悲しみの中にある人を慰めるという行為の尊さを詠っています。「私は何のために生きるのか」と自分に問い続けていた20代の頃、この言葉に出会いました。

 

人生は悲しみと苦難の連続です。今この瞬間も世の中には一人で苦しんでいる人が大勢います。そんな時、周りの人のたった一言の慰めの言葉が、その人を暗い人生の淵から救うことがあります。

 

この広い宇宙の中のこの星で、何十億年の歴史の中の今この時代に、この広い世界の中のこの街で、人と人が出会うことは奇跡のようなご縁です。

f:id:enjorno:20200604115047j:plain

 

だからご縁があって出会った人が困っていたり苦しんでいる時に、周りの人が声をかけて手を貸すことができたらとても素晴らしいことだと思います。例えほんの一言、ほんのひと手間でも。

 

人生で出会った人は皆ご縁でつながった隣人です。今まで大勢の方々から救って頂いた私は、最近強くそう思うようになりました。すべてはつながっていて、決して自分と無関係ではないような気がします。

【誰も見捨てられない、誰も取りこぼされない】

助け合いの力で、そんな社会が実現出来たら素晴らしいと思っています。

 

これからも私は、私が出会った買い物弱者支援というアプローチで、そんな社会を目指していきたいと思います。

 

クラウドファンディング終了まであと8日です。

何卒ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 https://readyfor.jp/projects/enjorno