えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

宇宙のスカスカ度

突然ですが私、今日は宇宙の話をします。

何故かって?

それは・・・

 

宇宙の話が好きだからです!

 

今日の話は一言で言うと

「宇宙はスカスカすぎるっ!」

と言う話です。

f:id:enjorno:20200805004433j:image

皆さん満天の星空を見あげた時、宇宙には星がぎっしり詰まっているように感じませんか。ロケットで宇宙に出たら、そこはまばゆいばかりの銀河の海…なんて思ってるあなた!

 

それは大間違い!


ぎっしり詰まっているどころか、とてつもなくスカスカなんです。なーんにもないんです。

 

そこで今日は、あるモデルを使ってどれほど宇宙はスカスカかをイメージしてみましょう。

 

まず、私達の太陽を直径1センチのパチンコ玉に置き換えたとします。そしてこのパチンコ玉(太陽)が、長野県にいる私の目の前に浮かんでいるとします。

そしてこのモデルの中に地球を置くと、そのパチンコ玉から1メートル離れた所に浮かぶ小麦粉の粒という感じになります。

さてここで皆さんに考えていただきましょう。

「私たちの太陽から最も近くにあるお隣の太陽(お隣のパチンコ玉)をこのモデルの中に置くとしたら、どの辺りに置いたら良いと思いますか?」

 

答えはナント、300キロメートル先の京都府宇治市あたりなんです。

 

軽井沢にあるパチンコ玉のお隣は、京都にあるパチンコ玉なんです。しかもその2つのパチンコ玉の間には小麦粉の粒(地球やその他の惑星)が9粒浮かんでいるだけ。あとはなーんにもない。

 

もう一度言いますよ、なーんにもないんです。

300キロメートル離れた二つのパチンコ玉の間に、小麦粉の粒が9粒だけですよ。

 

・・・衝撃的じゃないですか?

 

って言うか、ほぼゼロやんか・・・

 

今日はスカスカな話でした(^^)