買い物弱者救済webシステム「えんじょるの」を広めて、世の中を少しだけ幸せにするブログ

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

より優しいシステムへ

えんじょるのは電話注文なので「言い間違い」や「聞き間違い」が起きた時に、援助者と利用者の間でトラブルになる可能性があります。

 

利用者「私、白菜なんて頼んでませんけど」

援助者「えっ!確か言いましたよね、白菜を買ってきてって・・・」

 

利用者「言っていませんよ」

援助者「そんなことありません!確かに言いましたよ。」

f:id:enjorno:20191014185938j:image

なんてトラブル十分あり得ますよね~。

 

援助者にしてみたら、せっかく善意で買ってきたのに、こんなトラブルになってしまったら、

「やらなきゃ良かった」

「もう二度とやらない!」

ってなりますよね。

 

片や利用者にしてみたら、頼んだ覚えがないものを買ってこられたら

「押し売り?悪徳商法?」

「もう二度と頼まない!」

なんてことにもなり兼ねません。

 

これではせっかくの地域の助け合いが台無しです。

 

実際に、高齢者の生活に詳しい多くのケアマネジャーの皆様から、

「この類のトラブルは必ず起きるから対処方法をどうするのか教えてほしい。」

と言われていました。そんな時私は、

「このようなトラブルの時は、【注文した利用者に我慢して商品を購入していただく】というルールにしています。」

とお答えしていました。

 

しかし、ホントは答えている私自身が、とても心苦しさを感じていたのです。

分かってます・・・

理不尽なこと・・・

どう考えても、利用者がすべて責任を被るのはおかしいですよね。

 

 

私も、本当は誰も我慢しなくて済む仕組みにしたいのです。

じゃないと、住民同士の出会いとつながりを作る為のシステムなのに、いざトラブルが起きてしまうと「もう二度と会いたくない!」なんてことになりかねませんから。

 

 

だから、私は他に良い解決策はないか、この2カ月間ずっと考えてきました。

 

 

そして、やっと思いついたのです・・・

明案が💡!

 

それは、

 

商品トラブルが起きたら、その商品の代金を「えんじょるの」が保証するというものです!

 

具体的には、トラブルになった商品を援助者が買い取り、後でそのレシートを「えんじょるの」に郵送すれば、その代金が援助者の口座に戻されるのです。しかも援助者が買い取った商品そのものは援助者が貰えるというもの。

これなら利用者も、そして善意で買ってきてくれた援助者も納得してくれますよね~。

 

 

えっ!そんな保証してアンタのお金は大丈夫なのかって?

 

 

大丈夫です。きっとそんなにたくさんトラブルは起きませんから!

「えんじょるの」は、住民同士の善意を信じて作ったシステム。まずは私が皆様の善意を信じなくては!

このルールによって、皆様が安心して使える「えんじょるの」になるのであれば安いものです。

 

そして、私も一人のケアマネジャーとして、「えんじょるの」は軽度認知症の方を含む大勢の高齢者に安心して使って頂けるものでなければならないと思っています。

 

人は誰でも年齢と共に体力が衰えて、同時に認知機能も低下する傾向にあります。だから注文を忘れてしまうのは本人のせいではなく加齢のせい。

だからこそ、そのような方でも使える「えんじょるの」でなくては、本当に買い物弱者を救えるものにはならないのではないでしょうか。

 

よーし、やり方は決まった!あとはどうやって実現するか!

 

またまたチャレンジですよ〜。

 

 

頑張る理由

今日は「えんじょるの」の一番の理解者である方と、ゆっくり話をすることができました。

 

人と話をすると、自分の中の想いが言語化されて整理できますね。カウンセリング効果ってやつです。

 

今日は、

「なぜ私がこんなにえんじょるのの事を頑張るのか」

と言う、最も根本的な事が自分の中で整理できました。

 

私が頑張る理由、それは、

 

心の深いところで、「誰かの為に生きたい」と思っているからだと思います。

 

「男は人の為に生きる、女は自分の為に生きる。」

今日その方が教えてくれた言葉です。

この言葉は男女の違いを見事に表現していると思います。

 

男は誰かの為に命をかけて戦う事に、生きがいを感じる様に作られています。太古の時代から、外敵から妻と子供を守る事が第一義の使命として、男のDNAには刷り込まれているのからではないでしょうか。

 

誰かの為に闘う

誰かの為に頑張る

 

そんな誰かが、今の僕にとっては「買い物弱者」の皆様だったのかもしれません。

 

今日はそんな私の心の深い所に気付かせて頂きました。

 

 

それにしても、「誰かを守る事に生きがいを感じる」

ある意味これは、裏を返せば、男の弱さに繋がる気がします。

 

それに比べて女性は、本能的に自分の為に生きられるから…強い。

 

デイサービスに来ているお爺さんとお婆さんを見比べながら、ミョーに納得する今日この頃でした。

 

今日は、私の好きな我武者羅応援団と赤井秀和さんの動画をご紹介。泣けました〜。

https://youtu.be/Knil41Qgdew

 

プロの厳しさ

「えんじょるの」には、今大きな課題があります。

それは、買い物を頼む利用者がなかなか増えないと言う事です。

 

増えない理由は、

買い物には困っているものの、

①えんじょるのの存在自体を知らない

②えんじょるのの仕組みがよく分からないので使うのが不安

 

このふたつが主です。

これを解決する為に、私は先月1ヶ月間ある方法で利用者を増やそうと考え取り組みました。

 

それは、普段から高齢者の相談にのっている介護のプロの皆様に、えんじょるのを紹介してもらおうと考えたのです。

介護のプロの皆様であれば、地域の買い物に困っている人が誰なのかを知っていますし、高齢者にとっても、それらの信頼できる支援者から紹介して貰うものであれば、安心して登録してくれるに違いないと思ったのです。

 

そこで私は地域の介護の相談窓口である包括支援センターやケアマネジャーがいる居宅介護支援事業所、全50箇所以上にお願いに上がりました。そして、それらの方々が集まる会議で何度かプレゼンをさせて頂き、地域の高齢者に紹介して頂くように協力をお願いしたのです。

 

 

しかし結果として、この方法はうまくいきませんでした。

 

理由は、私が「プロに頼む」と言うことを深く考えていなかったためです。

 

なぜなら、プロは結果を残すことがその使命です。結果を残せなかった場合は、報酬を得る事はできません。ましてや自分の行為によってクライアントに損害を与えてしまった場合は、自分に賠償責任が発生してしまいます。そんな厳しさの中で仕事をしているのがプロです。

 

だからプロが1番初めに考える事はリスク回避。当然ですね。

プロは少しでもリスクがあることを、クライアントに勧めるわけにはいかないのです。

 

ところが、「えんじょるの」は、利用者と援助者の善意を基にした関係を前提としているため、どちらかが悪意を持ってルールを破った場合の罰則規定や被害者への補償方法を決めていないのです。

 

介護のプロの皆様には、やはりそこがひっかかったようでした。

 

というわけで、今回はお一人も利用者をご紹介して頂く事は出来ませんでした。

 

でも、お陰様で今後えんじょるのがやるべき事を教えて頂きました。

そう、これらのリスク回避の方法を決めて、その体制を整備していく事です。

これらは、すぐに実行する事が難しいのですが、できる限り早く改善して、いつかはプロの皆様にも自信を持って利用者にお勧めして頂ける「えんじょるの」にしたいと思っています。

 

日々勉強…

これからもチャレンジを続けます。

夢のような出来事

今日はすごい出会いがありました。

 

この度私が仕事で担当させていただくことになったジェントルマンのM様は、ご高齢ながらも有名な現役の歌手であり画家。そしてその娘様も世界で活躍する有名な音楽家であり画家。そしてお孫様はチェロ奏者としてオーケストラにも出演されています。

そんなまさに芸術一家と呼べるようなM様のお宅に介護の相談で伺い、皆様と話をして来ました。

 

一通り仕事の話が終わったところで、話は音楽の話に。そこで、私は軽〜い気持ちで

「つい最近、作詞作曲をしました」という話をしてしまい、皆様から

 

「その曲を聞きたい!」

 

と言われてしまったのです!

 

 

 

(・・・しまった〜、本物の芸術家の前で、口が滑った!…大変なことになってしまった・・・(ー ー;)

 

それでも私は、腹を決めて、

「ええい、こうなったら仕方ない!あとは野となれ山となれ!」

 

という事で、スマホから「あんびる まりこ」さんが歌う「出逢い」を、御三方の前で大音量で流したのでした。

 

さて、曲が流れている間、私は身が縮む思いでうつむいていました。やがて曲は終わりを迎え、暫くの静寂が…

私は恐る恐る顔を上げてみると、

 

ナントそこには、拍手喝采と「素晴らしい!」の声が!

 

うそ〜!信じられない!

お世辞でも嬉しい〜(^^)

 

なんとその娘様、「歌詞に心があっていい!メロディも現代風で歌いやすい。譜面を下されば私のコンサートで歌うわよ。この歌は必ず広がるわ。」とまで言って下ったのです。

 

・・・もう、言葉が出ません…

 

しかも本日の驚きはこれだけじゃなかったのです。

 

最後、えんじょるのの名刺が欲しいと言われましたので、名刺交換をしたのですが、名刺の裏に書かれたあの5歳児並みの絵。(過去のブログもご覧下さい)

f:id:enjorno:20191004113415j:image

これを見た娘様とお孫様は、

 

「ちょっとこの絵、センスあるじゃない。」

「あなたほんとに、歌も絵もやった事がないの?」

「ぜひこの絵で絵本を書くべきよ!」

「子供に買い物弱者問題を教える良い機会になるわ」

 

なんて信じられれない言葉が…

まさか一流の音楽家・画家の方から褒められるとは、それもこの田舎オヤジの音楽と絵が…

 

こんな感じで、夢のような時間は過ぎたのでした。

 

言って下さった言葉は素直に感謝して受け取らせて頂きました。それにしても「人を褒める」ということが、人をとても明るくそしてポジティブな気持ちにさせるということを身を持って感じさせて頂きました。

本当にありがとうございました。

 

そして帰り道、私は車を運転しながら、すでに絵本のストーリーを考えていたのでした(^^)

 

単純〜!

歌が完成!

皆さーん、ついに歌が完成しましたよ~!

f:id:enjorno:20190929005919j:image

恐らく私の人生において「歌を作る」という事は、もう二度とないであろうかと思います。だから最初で最後の作品。2番までのフルコーラスです。

 

どうか聞いてくださいな。感想など聞かせて頂けると、マンモスうれぴーです。

 

「あんびる まりこ」さんの素敵な歌声、聞かなきゃ損ですよ!

 

www.youtube.com

 

 

手間賃500円の壁

買い物代行、一回500円

f:id:enjorno:20190926071543j:image

皆さん高いと思いますか?安いと思いますか?

きっと高いと思われる方の方が多いのではないでしょうか? 

えんじょるのの手間賃は500円です。500円あれば夕飯のおかず結構買えますね。特にお買い物であれば10円でも安いものを選びたいのに、500円の出費は痛手でしょう。

 

ではどうして500円と言う料金にしたかと思いますか?

 

それは、それが最低限の適正な労働力への対価だからです。

 

世の中のネットスーパーの7割が赤字。その原因は、商品のピッキングと配送にかかる人件費が重くのしかかっているからです。一件あたりの配送コストは、ナント600円〜700円と言われています。

 

よく配送コスト0円なんて聞きますが、利益率が低い食料品でこれをやると、ビジネスとして成り立つわけがないですね。

 

また、過去に私が行った主婦へのアンケートによると、買い物に困っている人の代わりに買い物をしてきてあげる時のお礼としては、0円〜300円で充分と答えた方が大多数でした。

 

つまり500円って、労働力に対する適正な金額だけど、利用者や援助者にとっては高く感じる金額なんですね。

 

えんじょるのは、ビジネスではなく助け合い。だから極端なことを言えば、お礼の手間賃はタダでも構わないわけです。

 

だから援助者の皆様、

「私は300円で良い」

「お礼なんかいらない」

と思われたときは、どうかあなたのご判断で値引きしてあげて下さい。必ず500円もらわなくてはならないと言うルールは一切ございません。お電話で注文を聞く時に、その事を伝えて頂ければ相手の方も喜ばれると思います。

但し、これからも一人でも多くの住民が援助者として参加して下さるように、適正価格である500円と言う基準だけは設定したいと思います。

 

手間賃500円の理由。お分りいただけましたか〜(^^)

読んで頂きありがとうございました。

 

さて次回のブログでは凄い発表がありますよ!いよいよ間近になった「えんじょるの」運用開始を記念して、ナント、

 

えんじょるのの歌 フルコーラスバージョン

題 「出逢い」

 

発表しますよ〜。聞いてくださいね〜、お楽しみに〜(^^)

 

安心してください、私は歌っていませんから(^^)

 

目指すのはベストではなくベターです・・・

買い物に行けない高齢者の心の叫びってこんな感じでしょうか? 

f:id:enjorno:20190918213247j:image

「バスで買い物に行く体力はありません。

行っても、重い荷物を持って帰る事は出来ません。

毎回タクシーで行くとお金が持ちません。

家政婦さんに頼んでも1時間何千円もかかるから払えません。

介護保険のヘルパーさんは、介護認定を持っている人じゃないと使えません。

近所の人に毎回頼むのは悪い気がするし、それに毎回頼まれる人も迷惑だと思うから頼めません。

乗り合いバスや乗り合いタクシーも、行政はなかなか整備してくれません。

ネットスーパー?残念ながらインターネットは使えません。

カタログ注文すら字が細かくてよくわかりません。 

移動販売車はうちの近くは走ってません。

近くのスーパーも配達まではしてくれません。

いったい、どうしたらいいのですか…」

 

・・・ホント無いものづくし。

高齢者も、地域住民も、スーパーも、行政も…なんとかしたいと思っても、何とかするにはお金がかかる。

買い物弱者対策は、そんな厳しい現実の中にあります。

 

この問題を解決するには、どうしたらよいでしょうか?

 

そうアレしかありませんよね・・・

 

 

それは・・・

 

 

「助け合い」

 

 

実は先日「えんじょるの」に対して、ある地域の方から厳しいご意見を頂きました。それは、

「援助者が商品を間違えて買ってきても、それを利用者が我慢するなんてあり得ないでしょ!」というもの。

 

そのお気持ち、良〜くわかります。

 

確かに「えんじょるの」をサービス業として見ると、お客様に我慢させるなんてあり得ないでしょう…

でも「えんじょるの」は、サービス業ではありません。「助け合い」なのです。

 

「えんじょるの」では、買ってきてくれる援助者は近所の「ボランティア」さん。そして利用者は「お客様」ではなく「助けて貰う人」

 

だから利用者には、例え商品が違っていても、買って来てくれた相手の善意に感謝して文句を言わないで欲しいとお願いしています。

 

もしかして、この「えんじょるの」を使う上で一番我慢しなければならないのは、使う利用者の方々かも知れません。そして、その皆様に「お客様ではない」という意識で利用して頂くことが、意外と高いハードルなのかも知れません。

 

でもここで、ちょっと考えてみて下さい。


あなたの目の前に、買い物に困っている人がいます。あなたは、

「打つ手がない」と言って何もしないですか?

それともたとえ不完全な方法しかなくても、助けようとしますか?


私は後者を選びました。

そうして作ったのが「えんじょるの」です。

 

だから、ベストじゃない事は重々承知しています。

 

それでも、「えんじょるの」を使えば、「買い物に困ってる人」と「助けてくれる人」を繋げる事が出来ます。そして生活に最低限必要な食料を確保する事が出来ます。

低コストに、しかも電話だけで。

 

だから、利用者の皆様には、たとえ買ってきて貰った牛乳の銘柄が違っても、たとえ卵のサイズが希望したものと違っても、どうか大目に見て頂きたいのです。

 

私はこの「えんじょるの」を、本当に買い物に困ってる方々にとっての「食料確保をする為のインフラ」として使って頂きたいと思っています。

 

このブログをご覧の皆様、あなたの周りに買い物にお困りの方がいたら、「えんじょるの」をご案内して頂けないでしょうか?

その際は、「助け合いなので我慢していただく時もある」と言うことをよくご説明頂ければ幸いです。また、「悪い人が来て騙されないか不安」という声もよく聞きます。ですから援助者の登録時には本人確認をして、安全対策にも力を入れています。

 

そしてあなた自身も援助者としてご登録いただき、その「買い物に行ける力」を、少しだけ分けて頂けませんか?本当に困っている方々が地域には沢山います。

 

 

佐久市小諸市御代田町軽井沢町にて、10月1日からいよいよ【えんじょるの】を運用開始します。現在ホームページで援助者と利用者を登録受付中です。

https://enjorno.com

利用者はチラシで申し込みもできます。チラシは佐久市役所及び支所、各自治地域包括支援センター、地域の居宅介護支援事業所にございます。

 

やる事は簡単!

自分が都合いい時にスーパーで買い物をしてきてあげるだけ。お礼は1回500円。


20歳以上でスマートフォンを持っている方なら誰でも申し込み可能です。

もちろん一切無料。9月中にご登録いただくと、嬉しい特典も付いてます。 

 

助け合いの力で、買い物弱者問題を解決する日本初のチャレンジ!信州から全国に発信して行きませんか!

 

どうかお力を貸してください!

https://enjorno.com