買い物弱者救済webシステム「えんじょるの」を広めて、世の中を少しだけ幸せにするブログ

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

いざ勝負!

えんじょるのは特許出願しています。

 

先日、私の特許を審査してもらった結果、特許庁から拒絶理由書が届きました。(つまり、特許とは認めませーん!と書かれた書類)

 

私はその理由書を、穴の開くくらい読んでみたのですが、

 

その結果…

 

「・・・反論できそうだぞ…ニヤリ!」

 

と、感じたのでした。きっとえら〜い弁護士や弁理士の先生が聞いたら、

「ど素人が何を言ってやがる!」

とデコピンされそうですが、何しろ私の取り柄は何でもすぐに行動に移しちゃう事(^^)


だから、本日は早速、理由書に対する反論をまとめた【意見書及び手続補正書】を特許庁に郵送したのでした。

 

さぁいよいよゲームはクライマックスに近づいて来ましたよ〜。


果たして特許庁の審査官を説き伏せて、特許を取る事ができるのか!?

それとも、再び拒絶されて、2年に及ぶチャレンジは終わりを迎えるのか。

審判の時が近づいています。

いざ勝負!
f:id:enjorno:20191112194759j:image

えんじょるの通信

f:id:enjorno:20191111001318j:image「えんじょるの通信」記念すべき第一号が出来ました。

これから月一回、できなかったら、2ヶ月に一回、もしかしたら3ヶ月に一回、定期的に発行致しますよ〜。見てね〜!コチラです。

https://drive.google.com/file/d/1vdZ51IV_YykjY2XtvfeOVTFpVuGE0N7Z/view?usp=drivesdk

 

 

 

佐久市のマッチング会!

今日は佐久市主催の、「マッチング会」!

f:id:enjorno:20191108132257j:image

すごくストレートな名前ですね~。

いったい何と何をマッチングするの?って疑問がムクムク湧いてきますね。

 

これは、地域作りに取り組む団体と、地域作りに関心がある住民とのマッチングなんです。ナント素晴らしい取り組み!

 

ホールには24の団体のブースが出ていて、それぞれ地域住民の皆様にアピールしています。今日はそのブースの一つに、「えんじょるの」も登場させていただきました。

 f:id:enjorno:20191109200237j:image

 これを機に少しでも賛同して下さる方が増えて、登録してくださる援助者と利用者が増えますように。

 

もうすぐ始まりますが、ゾクゾクと人が集まってきていますよ〜

 

ワクワクします(^^)

もっと増やしたい!

ことタイトル、薄毛の悩みではありません。

えんじょるのの登録者の話です。

 

現在地域の援助者さんは、全部で82名います。

 

結構いるな〜…と思いきや、

 

えんじょるのの場合、利用者さんと援助者さんは登録したスーパーごとにマッチングするので、例えばあなたが利用者の場合、自分が買い物を頼むスーパーに、援助者さんが何人登録しているかと言う事が、上手くマッチング出来るかどうかの鍵となるんですよ。

 

現状では、一番多いスーパーは佐久市のナナーズ安原店の26名!凄い!さすが先行店だけあります。

f:id:enjorno:20191107073136j:image次が、ツルヤ軽井沢店14名。西友御代田店も11名います。

 

しかし中には、利用者さん1名に対して援助者さん1名と言うお店も…マンツーマンです…

 

もっともっと広めて増やしていきたいですね(^^)

皆さんご登録お願いします〜

 

 

 

 

 

 

えんじょるの通信始めます

どうやったら「えんじょるの」を広められるか?

 

毎日、地味〜にチラシを配っておりますが、やはりなかなか皆様に知って頂くことができません。

 

最近はどうして良いのか分からず、手元に余ったチラシを眺める日々…

 

「でもこんな事してる暇はないんだ!」

 

私は再び気合を入れ直し、新しいことを始める事にしたのです。

 

まずは第一弾として、「えんじょるの通信」と言う新聞を発行して、買い物弱者問題の事や、えんじょるのの取り組みの報告などをして行きたいと思います。

 

いわゆる「紙版ブログ」って感じでしょうか。

 

この「えんじょるの通信」、地域の回覧板等でご覧頂きたいな〜と思ってます。

 

宜しくお願い致しまーす!

 

f:id:enjorno:20191102071947j:image

 

 

 

 

地味〜にリニューアルしたホームページもご覧下さい。トップページにチラシと歌を追加しました。

https://enjorno.com

変化するスポーツ

久しぶりにアメフトネタを。

 

私は昔、社会人実業団アメフトのエックスリーグで10年間選手をしていました。

実は今も、関東のある大学アメフト部のコーチとして、月に2回ほどお手伝いをさせて頂いています。

 

学生スポーツも我々の頃の「体育会系」の雰囲気とは随分変わりました。

 

グラウンドで走り回る選手達を見ながら、

「今の学生と昔の学生(我々の時代)が試合をしたらどちらが強いかなぁ」

なんて想像します。

 

恐らく試合に勝つのは今の学生でしょう。

何故なら日々の練習メニューから、ゲームの戦術まで、全ての情報量に圧倒的な差があり、それに伴い基礎知識や基礎技術力が向上しているからです。

 

私は長野県に住んでいますが、埼玉県のグラウンドで行われた練習の動画が、毎日練習直後に配信されて来るので、いつでもスマホで見る事が出来ます。

選手やコーチとのコミニュケーションも、SNSであっという間です。

ミーティングも、昔は配布された紙の資料を手に、ホワイトボードの文字を一生懸命書き写したものですが、今は手元のスマホに資料も動画も配信されて、皆それを見ながら話し合いをするんですよ。

だから昔は1時間かかっていたことが、今は10分で終わる。しかも、精度も高いと来てますからね。

 

ただ、今の学生と学生だった頃の私が、仮に一対一の勝負をしたらどうか・・・

 

何故だか負ける気がしないんですよね~

正確に言うと「負ける気がしない」というより「負けてたまるか」というほうが正確かもしれません。

 

きっと我々は今の洗練された練習と違って、事あるごとに理不尽で地獄のような根性練習をしてきました。だから心の中に「あんな辛い思いをして頑張ってきたから、負けるわけにはいかない」というプライドがあるのでしょう。

 

そんなヒガミ根性(⁈)の良し悪しは別にして、私の時代のアメフトはもう今は存在しないと言う事。それが事実なんです。

 

「命かけても倒す!」

そんなセリフ今では死語になりましたからね~・・・笑

 

昔は良かったなんて言うつもりは全くありません。今の時代には今のやり方があります。

だから今の時代には今のアメフト。それが当たり前。

 

えんじょるのもスマホが広がったこの時代だからこそ、実現できたシステムです。

そして将来はまた新たなものが出てくるのでしょう。

 

だから今、この環境で出来る最高のパフォーマンスを目指して、ベストを尽くしていきたいと思います。f:id:enjorno:20191027103957j:image

 

えんじょるのホームページ見て下さい!

https://enjorno.com

軽井沢新聞にでます!

今度、地元の軽井沢新聞で取材して頂くことになりました。

f:id:enjorno:20191026061610j:image

令和元年11月号に「えんじょるの」の記事が出ますよ〜

 

それにしても、毎度の事ですが取材場所にいつも困ってしまいます。

何故なら「えんじょるの」は事務所が無いから。私の寝床の横にパソコンが一台あるだけなんです。

低コストでしょ〜。しかもナントこのパソコン、大学時代の友人から貰ったもの(笑)

というわけで、まさか寝床で取材して頂く訳にも行かず、今回も「エコールみよた」(地元の公共施設)の談話スペースをお借りすることになりました〜。

 

果たしてどんな記事になるやら。

 

それにしても、今回で「えんじょるの」の新聞取材は8回目になるんですよ!考えてみたら凄いことですね〜。

 

ジワジワ広げています。地元の方は是非見てくださいね〜