えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物弱者問題を解決するITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!あと時々脱線ネタも(^-^)

涙あふれる時間

8月1日、マキ奈尾美さんのコンサート「命ある限り輝いて」が、軽井沢大賀ホールで開催されました。

f:id:enjorno:20210803070219j:plain

大賀ホール

f:id:enjorno:20210803070246j:plain

大賀ホールステージ


マキさんの歌とピアノ、そして聴く人の共感を誘うMC。

…やはりどれも一流です。

マキさんが歌った歌は、イタリア、ギリシャ、韓国、中国、ロシア、アルゼンチン、スペイン、日本など世界中の歌。しかも古代、中世、近代と時代もまちまち。

でも不思議な事に、どの歌に対しても現代の日本で生きている私が共感できるのです。こんなに、場所も時代も違うのに。

コンサートの間、私は忘れていた懐かしい記憶をめぐる旅をしている様な感覚で、 

「もしかして、人類って皆繋がっているのかも…」

そんな事を思いながら聴いていました。

f:id:enjorno:20210803070711p:plain

アカペラで歌うマキさん

そんな不思議な時間のなか、ついに私が一番楽しみにしていた曲が始まりました。

その曲の名前は、「ユルラン」

私が中学生の頃、若年性アルツハイマー病になった母。その母への想いを歌詞にした曲です。

実は、私はこの昔の辛い記憶を二度と思い出したくないと思いながら人生を過ごしてきました。しかし昨年この歌の歌詞を作り出してから、当時の私と母の苦しみを、今もどこかで同じ思いで苦しんでる人を勇気づける為に完成させたい、と思うようになって来たのです。一言一言の言葉から出てくるニュアンスをつなぎ合わせながら、当時の私の気持ちに一番近い詩を探していく。何度も何度も書き直し、考え抜いた歌詞です。

そんなことを思いながら、聞いた「ユルラン」。マキさんのMCも絶品で、まるで当時の私の状況が目の前に広がるようでした。

するといつの間にか私の隣の席には、今の私と同じ48歳の、発病当時の母が座っていて、一緒に歌を聞いているような気がしました。

「お母さん、マキさんがお母さんの歌を歌ってくれているよ。僕たちが苦しんでいたあの時の事が、多くの人を慰める歌になったんだよ。」

 歌の途中からそんな想いが溢れて来て、涙が止まりませんでした。

 

マキさん、本当にありがとうございます。

f:id:enjorno:20210803065534p:plain

ユルランを歌うマキさん

マキさんが歌う「ユルラン」こちらからも聞けます。

www.youtube.com

 

初!共同記者発表会

7/29に御代田町社会福祉協議会の講堂で共同記者発表会を開催しましたよ〜。

日本で初めて社会福祉協議会が「えんじょるの」を運用開始することを、メディアの方々にお伝えしてきました。

f:id:enjorno:20210731043947j:image

集まってくださったメディアは新聞社3紙、ケーブルTV局1社。他にも新聞社2社から「参加できないけど個別取材をしたい」と申込を頂きました。

昨日早速、信濃毎日新聞の記事になりましたよ^_^

f:id:enjorno:20210731044650p:image

広がれ〜えんじょるの!

 

28カ月間の感謝を込めたご報告

皆様に感謝を込めたちょっと寂しいご報告です。

この度、佐久市小諸市軽井沢町にて運用している買い物ボランティアマッチングサービス「えんじょるの」を、令和3年8月31日をもって休止することにいたしました。

 なお9月以降は御代田町社会福祉協議会「えんじょるの」として御代田町限定にて再出発して参ります。

地域の助けあいによる買い物弱者問題の解決を目指し、28カ月(2年4カ月)に渡り個人でシステムの普及に取り組んで参りましたが、これ以上、今行っているすべての地域にて無償でサービスを提供し続けることは困難と判断しました。

皆様には長きにわたり温かい応援を頂き心より感謝申し上げます。そして、この28カ月の間に「えんじょるの」を通じて出逢い、そして協力してくださった登録ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

そして今は天国におられる軽井沢町のHさん。ほぼ毎週「えんじょるの」で買い物を頼んでくださいましたね。Hさんのおかげで、「地域の助け合いがあれば買い物弱者問題が解決できる」ことを証明できました。たくさん「えんじょるの」を使って下さりありがとうございました。

今後は御代田町社会福祉協議会がこのシステムを使って、新たなチャレンジを引き受けて下さいます。私も精一杯お手伝いさせて頂くつもりです。今後ともよろしくお願いいたします。

f:id:enjorno:20210728072846p:plain

28カ月前に初めて作ったチラシ

 

 

7月の動画送付状

今月はかわいすぎる特別講師にお越し頂き、ケアマネジメントについてお話を伺いました。

先日のブログでご紹介した爆笑インタビュー映像が完成〜^_^

コチラで~す♪

youtu.be

募集チラシが完成!

昨年クラウドファンディングで大勢の方からご支援を頂いた資金で、ようやく募集チラシが完成しました。

8月半ばに御代田町の全戸にポスティングします♪

f:id:enjorno:20210721223718j:image

そして8/10には御代田町社協の広報誌にも挟んで回覧板に載せます。

更に7/29には、御代田町社協にて、共同記者会見を開催します〜!既に格マスコミには案内済み。さぁ、一体どれだけのメディアが集まるのか?

 

思えば2018年から3年間ずっと1人で「えんじょるの」を運営して来ました。沢山の応援を頂きながらも、何度も「もうダメだ、もうやめよう」と諦めかけた時にいつも、思った事。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、何をしたいか?」

その時思った事はいつも、「えんじょるの」を終わらせる為ではなく、一歩でも前に進めるためにこの1日を使いたいという事でした。

そんな精神的にもギリギリの中で、力を絞り出すようにしてやっていた昨年の秋頃。そんな時に訪れた大きな転機。

それは、宇都外務副大臣と三原厚生労働副大臣へのプレゼンでした。厚労省副大臣室で寝ずに用意した資料で説明をしたあの日から色々なチャンスが続き、社協地域フォーラムでのプレゼン、協力企業との提携、地方議員勉強会での講演と続いて、とうとう今回御代田町社協という公的な組織の事業として動き始める事になったのです。

f:id:enjorno:20201023215159p:plain

厚労省副大臣

f:id:enjorno:20201108180900j:plain

社協地域フォーラム

f:id:enjorno:20210106221203p:plain

協力企業現る!

f:id:enjorno:20210511211752p:plain

地方議員勉強会



 

こんな日が本当に来るなんて・・・人生って不思議です。

そんな万感の思いを込めたチラシがこちら!御代田町の皆様、見てくださいね〜!

f:id:enjorno:20210722065843p:plain

f:id:enjorno:20210722070008p:plain

 

信濃毎日新聞の取材を受けました!

 

「えんじょるの」を9月から御代田町社会福祉協議会で運用開始するにあたり、先日信濃毎日新聞に取材をして頂きました。

私の人生で新聞取材を受けるのは、数えてみたらこれで10回目。一番最初は社会人アメフトで優勝した時。後の9回はえんじょるの関係。

いやぁ、驚いたなぁ。10回も・・・

初めて取材を受けた時は緊張でガチガチでしたが、最近は多少なりとも取材を受けるのが上手くなってきたような気がします。

上手くなってきた・・・?

違うな・・・

正確に言えば、

何を聞かれるか予想できる様になったので、取材前の資料の準備が上手になっただけです。(笑)

近々記事になりますので、その時はご紹介させて頂きます。

 

さて今回は私一人で取材を受けましたが、実はさらに凄いお知らせがあります。

ナント。今月7/29に御代田町社協と私とで一緒に共同記者発表を行います。先日、御代田町社協から各報道機関に記者発表の案内も送付済み。折角なので「えんじょるの」を採用した全国初の社協として、猛烈にアピールしちゃいましょう!という訳なのです。

ところで少し話が変わりますが、先日の取材の時に新聞記者の方が言ってましたが、御代田町って今すごく熱いらしいですよ。

f:id:enjorno:20210718100348p:plain

今、軽井沢に移住してくる若い世代がとても多いのですが、その隣町である御代田町もとても人気エリア。小学校の近くの物件なんかすごく人気があって、すぐ売れてしまうそうです。

その記者の方が仰るには、軽井沢はすでに文化スタイルが出来上がっていてそれなりに窮屈な所があるのだけれど、御代田町はとても自由な空気があって、特に若いフリーのクリエイター系の方がどんどん増えているそうです。

そういえば、御代田町社会福祉協議会がはじめた「ライ麦ストロープロジェクト」も、北欧から移住してきた、クラフト作家の上原 かなえさんが代表をしているって聞いています。町長も3年前に移住してきた人だし、私自身も11年前に移住してきましたし。

確かに多いな・・・移住者。

MIYOTAライ麦ストロープロジェクト | 御代田町社会福祉協議会

 

 何だかここから新しいことが始まる予感がします!(^^)!

イタリアで広島の平和の鐘!君が代も⁉︎

今年もイタリアで行われる広島・長崎の原爆被害者追悼式。

式典の始めでは、憲兵音楽隊が君が代を演奏し、広島の平和の鐘の音が響き渡る。

イタリアでこんな事してるの知ってましたか?本当の話なんですよ。コロナ禍で大変な中、私達の先祖を弔ってくれるイタリア人の皆さんに感謝ですね。

そしてこれは、毎年単身イタリアに渡航し日本人として感謝の気持ちを伝えてきた、音楽家のマキ奈尾美さんの新聞記事です。本日掲載!↓↓↓

https://www.asahi.com/amp/articles/ASP7H6QPLP79UOOB01B.html?ref=amp-photof:id:enjorno:20210716171040j:image

NHKの取材を受けました!

昨日、首都圏NHKの方がヤングケアラーの体験談の取材に来てくれました。

来てくださったのは、記者の女性Uさんとカメラマンと音声担当の男性2人。

最初は私の仕事風景の撮影でした。普段働いている机の前にカメラマンと音声さんが機材を構えて、何だか物々しい雰囲気。ドキドキしながら彼らの動きを見ていると、カメラマンの方が私にごっついカメラを向けながら、

「さぁ、普段通り仕事してくださいね。」

って・・・ムリ〜!

f:id:enjorno:20210713225622j:image外車が買えるくらい高いカメラだそうです

 

それでも平常心を装いながら、緊張ガチガチでパソコン入力作業してみても、入力ミス、delete 、入力ミス、delete の繰り返し・・・何も進まない〜!

よし、こうなったら電話だ。という訳でヘルパーさんや訪問看護師さんに、特に急ぎではない要件で電話して、サービス内容の再確認!・・・みんな忙しいのにゴメン~!

さぁ、もう電話する先が見当たらない!どうしよう?そうだ、こんな時はミーティングだ!という訳で、急遽他の2人のケアマネを近くに集めて利用者の状況確認!・・・2人とも忙しいのにゴメン~!

とまぁ、「一体何やってるんだかっ?」て感じで、あたふたしてる間に仕事風景の撮影は終了。その後は、近くのホテルの会議室に移動してインタビュー開始!

 

ここでは35年前に母を介護していた頃の気持ちを記者のUさんから細かく聞かれて、一つづつ丁寧に答えてきました。こういうの意外と忘れないものですね。つい昨日の事のように覚えています。こちらは特に問題なく終了し、トータル3時間の撮影が無事終了したのでした。

 

最後に9月から御代田町社協で運用開始する「えんじょるの」のチラシをUさんにお渡しして、ちょっとだけアピール。「やっと終わった」…と思いきや、

Uさんがじっとチラシを眺めてたと思ったら、おもむろに私を見て、

「これ少し説明して頂けますか?」「ちょっと、カメラ回して!」

と意外な展開。嬉しい事に,私が「えんじょるの」を説明をするシーンも撮影してくれたのでした。

 

放送はオリンピックの関係で少し先になり、9月頃の予定だそうです。時間は夜6時から7時の首都圏ニュースの中で5、6分放送されるとの事。ナント今回は特別にNHK長野でも流してくれるそうですよ〜。

 

放送日が決まったらブログでもアナウンスするので、良かったら見てくださいね^_^

 

 

動画送付状の撮影会

今日の撮影会は最高でしたよ~

軽井沢はご覧のとおり素晴らしい天気。そんな中、二人の天使が来てくれました。

f:id:enjorno:20210711183205j:plain

 

今日撮影した動画のテーマは、

「現役ケアマネジャーが、子供からケアマネジメントについて教わる」

です。

 

色々と真面目な質問をぶつけてみました。

「ケアマネジャーに一番大切なことは何ですか?」

「どうやったらうまくケアプランを作れますか?」

「日本の介護保険制度は今後も大丈夫でしょうか?」

 

 

さぁ、二人の先生の答えは~~~

 

爆笑の渦の中で、素敵な時間はあっという間に過ぎたのでした。

近々公表しますので楽しみにしていてくださいね。

さえちゃん、まなとくん、またおいで~!(^^)!

ヤングケアラーの複雑な気持ち

今日は仕事が休みで、この本を読みました。

 

f:id:enjorno:20210707233819p:plain

自分の経験と照らし合わせながら読み進めることができ、共感の嵐!

それにずっと忘れていた35年前の中学生の時のある感情を思い出して、とても懐かしさを覚えました。

その感情とは・・・ナント「恨み」なのです。

それはこんな理由です。

私が中学生の頃、母は若年性アルツハイマー病の症状が強く現れ始めてきており、徘徊、独語、異食、失禁など、生活上の問題が急激に増えてきました。私は、学校から帰ると徘徊している母を探しに行って家に連れて帰ることが日課になっていました。母が行くところは毎回決まっており、一年前まで私たち家族が住んでいた家でした。その家は、私たち家族が何十年も暮らしてきた家でしたが、母が一人で昼間いられなくなってしまった為、やむを得ず近所のおばの家に同居することになり私たち家族は引っ越したのでした。でも母はそれが理解できず、思い出したように以前の家に帰ろうとするのです。そして毎日家を飛び出して元の家まで歩いていくのですが、結局は玄関にカギがかかって入れずに、いつも家の前で途方に暮れているのでした。

そんな母を私は毎日学校から帰ったら家に連れて帰り、夜遅くに父が帰ってくるまで隣の部屋に押し込め、もう出ていかないように母の気配を気にしながら過ごしていました。母がどんなに騒いでも、泣いても、例え失禁していても見て見ぬふりをしながら・・・

当時の私は、家に帰ってもテレビ番組や趣味を楽しむ心の余裕などなく、毎晩隣の部屋で鏡に向かって話をしている母の声を聴きながら、少しでも現実を忘れたい一心で、耳栓をしながら机に向かって勉強をしていました。勉強が好きだったからではありません。勉強に集中している時間が、辛い現実を忘れられる安らぎの時間だったからです。だから毎日食事以外は5.6時間は勉強していたと思います。

そんな風に、家では毎晩母と二人の暗い時間を過ごしていました。ところが、翌日学校に行くと、学校では友人たちが楽しそうに昨夜のお笑い番組やアイドル歌手の話をしている。そんな姿を見ていると、まるで私が過ごしている暗い夜とは別世界の話を聞いているような感覚になるのです。

そしてそこで湧き上がってきた感情が、幸せそうにしている友人たちへの「恨み」だったのです。(自分勝手な逆恨みである事は承知しています)

 

今日読んだ本にも、そのあたりのヤングケアラーの心理が細かく書いてありました。

今でも時々、当時の暗い蛍光灯に照らされている母の不安げな顔と、心の中のネガティブな感情を思い出して何だか胸が苦しくなります。

それにしても、まさかあれから35年後に、こんなヤングケアラーが問題となる時代がくるなんて誰が想像したでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

御代田町社会福祉協議会で運用決定!

9月1日から御代田町社会福祉協議会で「えんじょるの」を運用する事が決定しました!

f:id:enjorno:20210702202938p:plain

御代田町社会福祉協議会の建物

社協が運用するのは日本初です!

今までは自前で運用していましたが、この社協が運用するスタイルこそが本来の形。

いよいよ理想の姿で開始できます!

 

なぜ社協が運用すると良いのか?と言う事ですが、二つ理由があります。

一つは、社協には信用力があるからです。

つまりこういう事です。高齢者にとって、買ってきてくれるボランティアさんが、「えんじょるののボランティアさん」か、「地元の社協のボランティアさん」かの違い。いかがですか?長年地元で暮らしている高齢者にとって、信用力があるのはどちらでしょう?・・・当然ながら断然社協ですよね。だから、高齢者が不安なく頼みやすいのです。

 

二つ目は、社協にはマンパワーがあるからです。

えんじょるので大切なのは、買い物保障。つまり、その日買い物に行けるボランティアが見つからなかった時に、最終的に買い物をしてくれるスタッフがいないとダメなのです。

では今まではどうしていたかと言うと、私が買い物保障をしていたのです。たった一人で。だから仕事でどうしても出来ないことがあったりして、結局「保障」にならなかったのです。それが、社協だとできるという事。

この二つの理由で、社協が運用すればうまくいくという事です。

 

さぁいよいよ始まります。

8月には御代田町の回覧板にチラシを入れますよ~!それに新聞折込チラシを入れたり新聞記事にもなる予定です。

 

ワクワクします~!

 

 

 

戦争と原爆を忘れない

人類史上、最大の殺人。76年前の長崎と広島の原爆投下。死者は合わせて21万人。
今、日本人ですら遠い記憶となりつつあるこの出来事。このことを忘れないために「広島と長崎の原爆犠牲者を追悼する式典」が、遠くイタリアのローマで、20年以上イタリア人によって毎年行われているのは、皆さん知っていますか?
実は私も昨年初めてこの話を聞いた時、「イタリア人が、見ず知らずの日本人の為に祈ってくれる訳ないだろ!」と思いました。

でも、本当だったのです。信じられませんでした。

更に、その事に感謝を伝える為に、毎年たった1人でイタリアに渡ってその式典で歌を歌っている日本人の歌手がいることも知りました。もちろん仕事ではなくすべて自分でコストを負担して。

凄くないですか?

その歌手は、マキ奈尾美さん。
今年はコロナでイタリアに行けない為、イタリアの式典に合わせて8/1に軽井沢大賀ホールにてコンサートを行います。歌もピアノもハートも素晴らしい音楽家です。ぜひ聴きに来てください。

戦後76回目の平和記念日に寄せて「命ある限り輝いて」
8月1日(日) 開場13:30 開演14:00 全席指定4000円(感染対策のため総客席数の1/3制限あり) チケット予約・購入は大賀ホール 0267-31-5555 軽井沢駅から徒歩5分

f:id:enjorno:20210701222456p:plain

f:id:enjorno:20210701222644p:plain






NHKの取材がくる!?

7月にNHKのテレビ番組取材がきます。

「スゴイじゃない~!えんじょるのもNHKで紹介されたら有名になるかも!」

と思ったあなたっ! 

残念ながら「えんじょるの」の取材ではありません・・・

実はこの番組なのです。

“ヤングケアラー” 知ってほしい介護する子どものこと | NHK

f:id:enjorno:20210627213332p:plain

最近よく聞きますよね「ヤングケアラー」という言葉。

「ヤングケアラー」とは、家族の介護や世話を行っている18歳未満の子供の事。

その番組が私を取材に来るのです。

 

何故なら、私も35年前ヤングケアラーだったから。

当時、中学生の私は若年性アルツハイマー病の母親の介護をしていました。

その体験談を取材に来るそうです。

35年前(1986年)といえば、今とは全く社会構造が違います。3世代同居率は50%近くありました。家にはおじいちゃんおばあちゃんがいるのが当たり前で核家族はまだまだマイナー組。そして高齢化率も10%台と低く、高齢者よりも圧倒的に若者が多い時代でした。

だから、家族の誰かが介護が必要になったら、同居している他の大人が世話をする余裕がどの家庭にもありました。それに介護が必要な高齢者の数自体も少なかったですし。

そんな時代に、核家族だった我が家は母親が病気になってしまい、子供である私が世話をせざるを得なくなってしまったのです。まさに現代のヤングケアラーの家族状況そのもの。そんなことが35年前に我が家で起きていたのでした。

今回の取材はその時の事についてです。当時は自分と同じ境遇の人など私の周りには殆どいませんでしたが、まさか35年後に、ヤングケアラーがこんなに増える時代がくるとは想像もしていませんでした。

今回の取材についてはすべて実名と実際の写真を出すつもりです。もう35年も前の事ですから母も当然この世にいません、私も自分の経験を自分の中で消化できており客観的に話せるようになっています。だからこの番組で、少しでも現代のヤングケアラーたちを支える力になれたら良いと思います。

f:id:enjorno:20210627222703p:plain

中学生の私と、認知症が進行中の母


放送は9月ころだそうです。またブログでお知らせします。

6月の動画送付状

毎月恒例の動画送付状、今月もつくりました!

今月の動画は、新緑の軽井沢の森の中を探検です。どうかご覧ください。

やっぱり仕事は楽しくやらなくちゃ〜^_^

https://youtu.be/Xhjg39xdy0o

f:id:enjorno:20210623232710j:image

コンサートの詳細が決まってきました!

さあいよいよ今年も、楽家マキ奈尾美さんのコンサートの詳細が決まってきました!

去年も、本当に素晴らしいコンサートでした。

そしてなんと今年はオンライン中継もやるそうですよ。全世界へLIVE配信!

 

心震える「感動体験」をしたい方は是非!

f:id:enjorno:20210620224627p:plain

えんじょるのも協賛していますよ^_^