えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

想い

あと7ヵ月!

えんじょるのをゼロから始めて、今日で2年5ヵ月が経ちました。 「3年間全力でやってみる!」 と決意してから今日まで、チャレンジしてきた日数はトータル880日。 正直言って…ヘトヘトです〜 でも1日たりとも手を抜きませんでしたよ!「頑張った!オレ。」 さ…

インターネットと高齢者

インターネットで便利な機能の一つに「マッチング」というものがあります。 先日私は、クラウドファンディングで大勢の方から寄付をいただきました。実は、この「えんじょるの」と言う事業も、もしこのまま広がらずに収益が見込めなければ、財務的にあと1年…

全力疾走宣言!

皆さん、私の若い頃の100m走の自己ベスト、何秒だと思いますか? 驚かないで下さいよ〜 10秒6です。 速かったんですよ〜・・・逃げ足が(笑) 今じゃ100m完走もムリですが(^^) と言う訳で、今日私は皆様に「えんじょるの全力疾走宣言」をしたいと思います。 …

「えんじょるの」は今年に勝負をかけています!

えんじょるのプロジェクト代表の美齊津康弘(旧姓:加畑)です。 私の母は48歳で若年性のアルツハイマー病になりその後亡くなりました。 私の兄も48歳で脳腫瘍になり亡くなりました。 私がこのプロジェクトを始めたのは45歳の時です。私は始めた時から「この…

神は誰も見捨てず、誰も取りこぼさず

《もしもあなたが、人生の中でたった一人の人さえ慰めることができたら、あなたの人生は価値あるものになる》 私の大好きな言葉です。これは悲しみの中にある人を慰めるという行為の尊さを詠っています。「私は何のために生きるのか」と自分に問い続けていた…

木の上から、代表よりご挨拶

クラウドファンディング、残り10日となりました。 目標達成を目指して、木の上から熱いメッセージを動画でお送りします。 3分間、何卒ご覧ください! https://youtu.be/f1Mj24N7-wU クラウドファンディングのページはコチラhttps://readyfor.jp/projects/enj…

バリ島と日本

バリ島で現地の女性と家庭を築いている親友から聞いた話です。 サーフィンをする親友 彼の家は下が4歳から、上は80歳までが共に暮らす20人家族。 遠い親戚のおじいちゃんも一緒に住んでいます。 子育ては年長者の役目。 病気の時や介護が必要になったら、家…

大好きな言葉

今日は私の大好きな言葉をご紹介します。 「もしあなたが人生でたった1人の人をなぐさめることさえできれば、あなたの人生は価値あるものになる」 曽野綾子さんのエッセイで紹介されていた言葉です。確か、どこかの国のシスターの言葉だと書いてあった様な… …

コロナとえんじょるの

毎日コロナのニュースで気が滅入りますね。サービス業の方などは仕事も減って生活に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。本当に早く収束を願うばかりです。 そんな中、私の地域では食品スーパーが毎日「激混み」なんです。この前なんか全国ニュー…

崖っぷちの挑戦です!

こんにちは。 突然ですが、 えんじょるのはもうすぐお金がなくなります! 毎月サーバー代や諸々の諸経費を払っていくと、えんじょるのはあと一年で、 The END・・・ さぁ、もはや後ろ手に縛られて崖っぷちに立たされた「えんじょるの」。眼下には渦巻く波し…

協力企業募集中!

只今えんじょるのは、協力企業を探しています。 一緒に世の中を良くするために闘ってくれる企業。 巨大で重い相手を動かすために力を貸してくださる企業。 但しえんじょるのは・・・すぐには儲かりません。 既にシステムは完成し特許も取得したので、今後は…

イギリスの話

昨夜イギリスで、コロナと闘う医療従事者に対し、国民全員が夜8時に拍手をするという取り組みがあったそうです。 友人からその時のロンドンの様子を教えてもらいました。ちなみに現在ロンドンは外出禁止令が出されているそうです。 夜8時になると、どの家庭…

込めた想い

こんにちは。 今日はこの場を借りて、えんじょるのに対する私の思いのたけを語らせていただきたいと思います。 読んで不愉快に感じられる方いるかもしれませんが、私の正直な気持ちですのでどうかご容赦ください。少し長くなります。 えんじょるのをあちこち…

受ける側の気持ち

「ボランティア活動」というと、私はボランティアを「する側」の立場でしか考えたことがありませんでしたが、今日はボランティアを「受ける」側の人の気持ちってどうなんだろう?と考えました。 というのも、つい最近ある障害者の方が書かれた詩を読んで、私…

再スタート

思い返せば2年前、私は「えんじょるの」のアイデア以外何も持っていませんでした。 きっとそれまでの私であれば、そのアイデアをあらゆる理由をつけて「どうせダメだろう」と諦め、そのうちに忘れてしまっていたでしょう。 でも今回だけは違いました。 2年前…

信頼する条件

私の職場では、面白い風習があります。それは、「お茶当番」なんです。 古き良き昭和の事務所って感じでしょ〜 このお茶当番に当たった人は、10時と3時に事務所にいる全員に、給湯室でインスタントコーヒーをつくって出すのですが、今日は淹れていただいたコ…

3年目の幕開け

あけましておめでとうございます。 突然ですが、 「3年で白黒つける!」 えんじょるのを始めた時、自分の中で決めた事です。 えんじょるのを始めた平成30年2月18日、私は、この仕組みが世の中に受け入れられるのかどうか、それを見極める期限を「3年」と決め…

アンケート実施しました

いよいよ年の瀬ですね。 振り返ってみると、今年は素敵な出会いが沢山ありました。本当に感謝です。 さて先日、えんじょるのにご登録頂いている利用者と援助者、計105名の皆様にアンケートをお配りしたところ、先週からその回答が続々と葉書で到着しています…

エンジンとシェアエコ

皆さん、こんにちは。寒くなってきましたね。 今日、中学生の息子から、こんな話がありました。 息子:「ねえ、車のエンジンの中では、ガソリンが持ってる本来のエネルギーの30パーセントしか使えてないって知ってる?あとの70パーセントは、熱になって空気中…

もうすぐ2年

こんにちは。 もうすぐ12月。寒くなってきましたね。私の住む場所は標高が1000m近くあるので、すでに朝は氷点下です。 この12月で、えんじょるのを始めて2年になります。 スタートは、私の頭の中にあるアイデアを文章にしただけでした。 偶然フェイスブック…

頑張る理由

今日は「えんじょるの」の一番の理解者である方と、ゆっくり話をすることができました。 人と話をすると、自分の中の想いが言語化されて整理できますね。カウンセリング効果ってやつです。 今日は、 「なぜ私がこんなにえんじょるのの事を頑張るのか」 と言…

夢のような出来事

今日はすごい出会いがありました。 この度私が仕事で担当させていただくことになったジェントルマンのM様は、ご高齢ながらも有名な現役の歌手であり画家。そしてその娘様も世界で活躍する有名な音楽家であり画家。そしてお孫様はチェロ奏者としてオーケスト…

目指すのはベストではなくベターです・・・

買い物に行けない高齢者の心の叫びってこんな感じでしょうか? 「バスで買い物に行く体力はありません。 行っても、重い荷物を持って帰る事は出来ません。 毎回タクシーで行くとお金が持ちません。 家政婦さんに頼んでも1時間何千円もかかるから払えません。 …

チャレンジにご協力を!

「人の善意だけで、買い物弱者問題を解決できるか?」 これが「えんじょるの」の世の中への挑戦です。 先日私の元に届いた「えんじょるの」のお申込み用紙には、 「足と背中を手術してるので、長く歩けないです。どうか手伝って下さい。」 という女性からの…

面白ぇこと始まるぜぃ!

おぅ、ヤス、聞くところによると、近頃一風変わった【買い物助け合いの会】ってのが出来たそうじゃねーか。 何しろそこに電話をすると、代わりに買い物して来てくれる人を紹介してくれるらしいぜ。 こりゃいいことだよなぁ。隣のハツエさんや、道向かいのト…

いよいよ募集開始ですよ!

佐久市、小諸市、御代田町、軽井沢町にお住まいの皆様へ 10月1日の「えんじょるの」運用開始まであと1ヶ月。 9月1日(日)からは、「えんじょるの」登録受付を開始しますよ~! 日本中で600万人の方々が困っている「買い物弱者問題」 移動販売・デマンドタク…

粋な助っ人さん募集!

さぁさぁお立ち会い、9月1日より【えんじょるの】では、「粋な助っ人さん」を募集しますよ。 なにしろ、世の中には600万人以上の買い物弱者がいるっていうじゃないですか。 これはつまり、あなたの身の回りにも、買い物に行けずに困っている人がわんさと…

正義のヒーロー募集!

いよいよ9月1日より【えんじょるの】では、正義のヒーローを募集します。 【えんじょるの】は、買い物に困ってる人とついでに買い物をしてきてくれる地域住民をリアルタイムにマッチングするシステム。 人々の小さな「善意パワー」を結集して、巨大な「買い…

一年半の闘い

「収入もないのに、よくやりますね」 至る所でプレゼンテーションをするたびに必ず言われます。 えんじょるのは今のところ、全く売り上げはありません。言うなれば完全なる慈善事業なんです。 えんじょるのの収益構造は、買い物弱者対策に取り組んでいる自治…

時代の流れを感じます

昨日少し時間があったので、私は1人でカフェに入り、パソコンに向かいながらコーヒーを飲んでいました。 そこへ 4人連れの家族がやってきました。 そのご家族は、もうすぐおじいちゃんとおばあちゃんになるご夫婦、そしてお腹の大きなその娘さんと旦那さんで…