買い物弱者救済webシステム「えんじょるの」を広めて、世の中を少しだけ幸せにするブログ

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

拒絶、キター!

特許庁から来ました!

6月に審査請求した特許の判定結果が。

結果は…

f:id:enjorno:20191020072213j:image

「拒絶」って…

ナンテ、ストレートかつ思いやりのない言葉…

 

要は「特許とは認めない」という事です。

 

いや〜、心折れました。

あんなに苦労して書いた特許明細書ですからね〜。それを「拒絶」だなんて…

 

それでも一通り読みましたよ。拒絶理由とやらを。でも、

 

 

うーん、難しい…

何となくしか分からない…

 

という訳で、早速弁理士の友人Kへメールで相談をしてみたのでした。

 

するとKから返信が!

「結構、厳しめの(内容の理由書)が来たね。
でも、まあ、この手の出願は多いから、通常厳しめ。
心折れないように(笑)。」との事。

 

笑ってる場合か〜(T . T)

 

でも、今後の対策法も教えてくれました。

その対策法とは今回届いた理由書に対する「反論書」を提出するそうです。

そうしてその反論書で相手を説得できれば、特許が取れるとの事。

更にKは反論する方法も細かく指示してくれたのでした。

 

く〜、さすがプロ!

 

かくして私は、折れてしまった心を、かろうじてセロハンテープで補修し、これから六十日以内という期限付きの「反論」にチャレンジする事にしたのでした。

 

さあ、特許庁のプロに反論して説得できるのか!?

自信ない〜