えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物弱者問題を解決するITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!あと時々脱線ネタも(^-^)

総務省の「地域課題の解決案公募」にチャレンジ!

総務省が全国各地でこんなアイデアを公募してるの知ってましたか?

私も先月まで全然知りませんでした。

先日たまたま、こちらのサイトを見つけたので読んでみたところ、


要は、各自治体が、

「うちの地域はこんなことが困ってるんです~。誰かICT技術を使って解決できる人いませんかね~?」

と総務省に相談して、総務省が、

「よしよし、分かった。じゃあ、この困りごとを解決できる人を探してあげよう!」

「誰か~、良いアイデア持っている人いませんか~?」

って感じで全国からアイデア募集しているのがコレなのです。

 

この募集要項は、東海地区ですが、同じように東北や中国地方でも行っているようでした。

 

そこで私は、「自治体から出された困りごと」の一覧を見ていたら、

あった、あった、ありましたよ~

えんじょるのが解決できそうな課題が

それが、こちら

f:id:enjorno:20210314064939p:plain

f:id:enjorno:20210314065236p:plain

f:id:enjorno:20210314065359p:plain

 

豊田市が課題に挙げた「高齢者の見守りネットワーク」

これだ~!

この課題なら、「えんじょるの」が解決できます~!

何故なら、前回のブログで話した「えんじょるの構想」が実現して、地域の大勢の高齢者とボランティアがシステムに登録することになれば、その結果この「見守りネットワーク」も一緒に実現できちゃうからなのです。

 

よし、応募しよう!

 

という訳で、早速翌日、

「豊田市さん、お任せください!その課題、えんじょるのが解決してご覧に入れまする!」

と書いてメール送信したのでした。(ホントはちゃんと詳しく書いてます(笑))

 

応募の締め切りはちょうど3日前の3月10日。

これから応募の中から良いものを選考して、もし豊田市が

「えんじょるのイイね~」

って言ってくれたら、3月中に先方からヒアリングの連絡が来るそうですよ~

 

ワクワク~。

 なんでもやってみなくちゃね!(^^)!