えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

起こせ!ムーブメント

かつて日本が貧しかった時代、私たちの先祖は、分け合い、助け合いながら生き延びてきました。

そしてこれからの時代も、もうお金で問題を解決できる時代ではありません。


「買い物弱者問題」も結局はお金の問題です。何故なら世の中で行われている買い物弱者対策事業はコストがかかり過ぎて、本人も、食品スーパーも、行政も、誰もがそのコストを負担できないことが問題だからです。


では、どうしたらよいのでしょうか?


お金がないのであれば、昔の日本のようにあるものを分け合うしかありません。

「えんじょるの」も「人々の買い物に行ける力」を分け合う事でコストを削減しました。さらに、IT技術のマッチング機能を使うことによって電話オペレーターの人件費もなくし、トータルの配送コストをゼロにしています。

 

「昔ながらの助け合い」+「IT技術」で実現した、配送コスト・ゼロシステム「えんじょるの」

 

さあ、このシステムを採用してくれる社会福祉協議会が現れるかどうか!

イムリミットは来年の3月です。

 

ボンジョルノ(こんにちは)と挨拶して、エンジョイしながら援助し合う、そんな社会を実現したい!

私たち一人ひとりがその気になれば、きっと実現できるはず。

さあ、ムーブメントを起こしましょう!

【ムーブメント】