えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物弱者問題を解決するITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!あと時々脱線ネタも(^-^)

御代田町社会福祉協議会で運用決定!

9月1日から御代田町社会福祉協議会で「えんじょるの」を運用する事が決定しました!

f:id:enjorno:20210702202938p:plain

御代田町社会福祉協議会の建物

社協が運用するのは日本初です!

今までは自前で運用していましたが、この社協が運用するスタイルこそが本来の形。

いよいよ理想の姿で開始できます!

 

なぜ社協が運用すると良いのか?と言う事ですが、二つ理由があります。

一つは、社協には信用力があるからです。

つまりこういう事です。高齢者にとって、買ってきてくれるボランティアさんが、「えんじょるののボランティアさん」か、「地元の社協のボランティアさん」かの違い。いかがですか?長年地元で暮らしている高齢者にとって、信用力があるのはどちらでしょう?・・・当然ながら断然社協ですよね。だから、高齢者が不安なく頼みやすいのです。

 

二つ目は、社協にはマンパワーがあるからです。

えんじょるので大切なのは、買い物保障。つまり、その日買い物に行けるボランティアが見つからなかった時に、最終的に買い物をしてくれるスタッフがいないとダメなのです。

では今まではどうしていたかと言うと、私が買い物保障をしていたのです。たった一人で。だから仕事でどうしても出来ないことがあったりして、結局「保障」にならなかったのです。それが、社協だとできるという事。

この二つの理由で、社協が運用すればうまくいくという事です。

 

さぁいよいよ始まります。

8月には御代田町の回覧板にチラシを入れますよ~!それに新聞折込チラシを入れたり新聞記事にもなる予定です。

 

ワクワクします~!