えんじょるの

現役ケアマネジャーが現場目線で考えた、買い物難民問題解決を目指すITシステム「えんじょるの」と高齢化社会の話をします!

佐久市長にプレゼン

先日、地元の佐久市長に「えんじょるの」のプレゼンをしてきました。

f:id:enjorno:20200724065452j:image

「これは絶対に佐久市民の為になります。来年度から佐久市でやりませんか!」

お得意の直球勝負でドカーンと行ってきました。

 

市長には「表敬訪問」と伝わっていた様で、市長はまさかいきなり熱くプレゼンされるとは思っていなかった様ですね(^^)

 

しかし私にとって市長と話ができるのは恐らく二度とない千載一遇のチャンス。第4クォーター残り5分で回ってきた逆転ドライブのチャンスだったのです!

 

気合い入れて話してきましたよ〜(^^)

市長がどの様に感じたかは分かりませんが、とにかくお伝えする事は全てお伝えしてきました。

 

何しろ30分一本勝負と聞いていたので、15分のプレゼンと質疑応答15分と考えて、

「よし!この15分間が勝負!」

 

という訳で15分間のプレゼンの練習、150分はしました。(しゃべりが苦手なもので暗記するしか手がないんです…)

資料の作成には丸1ヶ月はかけてます。

 

凄い気合いの入れようでしょ?

 

だって「えんじょるの」はもうあとがないんですもの〜

 

でも嬉しい事に、その日の夜、市長がTwitterで「凄い行動力」って褒めてくれましたよ!

https://twitter.com/seiji_ya/status/1285085351027961856?s=21

頑張った甲斐がありました(^^)

 

結果はどうあれ、今回も全力出せたのでマル。